top of page
  • inoue

親子の育ち


1才3ヶ月でやっと歩けるようになってからの彼の成長は早かった。

家の中では可愛いプーさんバイクにまたがり、部屋中グルグル、キュルキュル、ドッカンドッカンと事故を起こしながら走る暴走車。ご飯も愛車に乗ったままドライブスルーのように食べさせてもらって走り去る。

ミニカー同士をぶつけて遊び、積み木を積んでは勢いよくなぎ倒す。

家の中に飽きると外へ出たいと玄関から何度も脱走を試みる。

おかげで1日3回は公園に出かけた。

公園でも走り回り、同じ子どもを見つけると追いかけて思いっきり突き飛ばす。

砂場では周りはお構いなしに砂を投げ散らす。

1番のお気に入りは水飲み場。勢いよく蛇口をひねり、水は天高く噴水のよう。それを全身に浴びて大喜び。

ずっとついて回り、何かやらかさないか見張る。それでもやらかしてしまい、私は周りに謝って回る。

K君だけを見て、毎日余裕がなかった。周りで子どもから離れておしゃべりに花が咲いているママ達が羨ましかった。


そんな中、公園で何人かのママから声をかけられて、お友達ができた。

K君が何かやらかしても怒らず、どの子にも同じように接してくれた。時には私の代わりにK君の相手をしてくれたり、私の気もちも、K君の気もちも理解しようとしてくれた。

自然に自分とK君に血のつながりがないことも話せた。

少し驚いた反応だったが、すぐいつも通りに戻った。

2人目を迎えた時にも、みんなが喜んでくれた。

みんなで遊んで、笑って、泣いたり、子育てに悩んだり、色々な話もできた。

私のただ必死だった子育てに少し余裕ができて楽しい思い出がたくさんできた。

今も、あの頃は楽しかったなぁと思える。


引っ越ししてしまい、なかなか会えなくなったママ友もいるが、近所のママ友は今でも付き合いが続いている。

困ったときには助け合える。何でも話せる友達が近所にいるのは本当に有り難い。

そんな友達ができたのはK君のおかげ。


子育ては楽しいことより、大変なことの方が多いかもしれない。でも、子育てできる喜びは何事にも代えがたい。子育てを通して自分の世界が広がり、色々な経験をして子どもと一緒に自分も成長していると思う。


中学生になったK君は、背の高さだけでなく、心の成長も著しい。追い越される日がすぐそこまで来ていると思う今日この頃だ。まだまだ追い越されないように私も成長していこう!(体重じゃなく心ね)

Hozzászólások


bottom of page